作者別: admin

動物は虫歯になる?ならない?

動物は虫歯になる?ならない?

こんにちは、管理人です。

今日は、動物の虫歯について書いていきたいと思います。

みなさんは虫歯になったことがありますか?

虫歯になって、歯医者さんに行くのは嫌ですよね。。。

毎日歯磨きしているのに、虫歯になることがあるんだから、野生動物もなると思いますよね?

しかし、残念ながら野生動物は、基本的には、虫歯にならないんです!!

虫歯ができるのは、歯の表面であるエナメル質が酸によって溶けてしまい、エナメル質の内側の比較的柔らかい部分を分解されてしまうことが原因なんです。

エナメル質はとても硬いものですが、酸に弱いという弱点があります。

エナメル質の弱点である酸の素になるのは糖分で、虫歯菌は糖分を消化して、乳酸という強い酸を作り、これがエナメル質を溶かしてしまうのです。

そして、動物はなんで虫歯にならないのかというともちろん歯の構造が人間とは違うということもありますが、大きな理由は食べているものにあります。

野生動物は、食べ物を生でそのまま食べます。

そして多くは、噛み応えがあって、繊維性の成分を多く含んでいます。消化を良くするため良く噛む必要があり、よく噛むことで同時に歯磨き効果を生んでいて虫歯や歯周病をなくしているんです。

しかし、動物園動物は、から砂糖ったあまいものをもらうことがあります。

そのために、虫歯になる動物もいます。

また、ペットとしてかわれているイヌやネコも、あまいものをべることがあるために虫歯になることがあります。

最後に、動物を飼っている
イヌやネコなどのペットの虫歯最近えているようです。これは人間がむやみにいものをべさせることが原因です。

かわいいからといってあまりいものをえるのは、動物にとっていいことではないということを理解させてあげてください。

 

それでは、また次回。